当院の紹介

当院の紹介

総合母子医療センター

Ishikawa Medical Center for Maternal and Child Health, Department of Pediatrics

赤ちゃんの写真

センターの概要

 総合母子医療センターは、妊娠、出産から新生児および思春期までの小児に対し、安心して産み育てることができる場を提供するため、高度な医療を24時間体制で行う施設で、女性と子どもに対する総合的なチーム医療を行っていきます。
 早産予防などの妊娠管理や帝王切開などの緊急手術に対応する母体・胎児集中治療室(MFICU)を含む産科病棟と、低出生体重児等への高度な医療を行う新生児集中治療室(NICU)を含む新生児病棟、周産期外来(産科・助産外来、新生児外来)および小児病棟を含めた総合的な医療センターで、産科、新生児科、小児内科、小児外科で構成されています。
 周産期部門は「総合周産期母子医療センター」の認定を受けており、集中胎児監視システムや新生児呼吸循環維持装置などの最新の医療機器を備えた集中治療室では、24時間体制で医師、看護師、助産師等が常時待機するとともに、地域周産期母子医療センター病院と連携した周産期緊急情報システムにより空床等の情報提供を行い、ヘリコプターやドクターカーによる遠隔地からの緊急搬送など、母体・新生児の搬送体制も整えています。
 さらに、母体・胎児・新生児から乳幼児期、学童・思春期へと一貫した治療を行うため、同じフロアにこれらの病棟を配置しました。また緊急手術や小児の集中治療にも対応できるよう、総合母子医療センターを手術室や小児集中治療室(PICU)を含む集中治療室(ICU)と同じフロアに一体的に整備することで、状態が不安定で急変しやすい入院中の妊婦や小児にも迅速な対応が可能となっています。

総合母子医療センター