診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

小児内科

診療実績

 平成30年の小児内科の外来受診総数は述べ14,916人、入院患者数は述べ10,279人で、紹介率は45.0%、逆紹介率は34.7%でした。
 入院数は、平成28年(2016年1月~12月)は470名でしたが、平成29年(2017年1月~12月)は625名、新病院に移転した平成30年(2018年1月~12月)は、700名と増加しています。平成30年では、呼吸器疾患は245名の入院(平成29年 195名)があり、RSV感染の流行による急性細気管支炎や気管支炎の入院が88名見られ、入院数の増加の一因と考えられました。ICUで集中治療を必要としたRSV感染症は1名のみでした。その他、消化器疾患 53名、痙攣性疾患 79名、川崎病 57名で、例年とほぼ同数の入院がありました。血液・腫瘍では、血小板減少性紫斑病 4名、伝染性単核球症(EBV)3名、乳児血管腫2名、血友病A 1名、精巣腫瘍 1名、ALL 1名(金沢大学小児科に紹介)の入院がありました。また内分泌・代謝疾患では、甲状腺機能亢進症2名、糖尿病1名の入院がありました。
 ICUで集中治療を必要とした児は10名(痙攣重積、無呼吸、RSV感染、hMPV感染、窒息など)で、7名で呼吸管理を行っています。


2019年の小児内科の診療実績(入院患者のみ)

けいれん<痙攣>、他に分類されないもの 84名
肺炎、病原体不詳 79名
急性細気管支援 62名
結節性多発(性)動脈炎および関連病態 52名
急性気管支炎 46名
感染症と推定される下痢および胃腸炎 31名
てんかん 31名
細菌性肺炎、他に分類されないもの 24名
喘息 24名
紫斑病およびその他の出血性病態 22名
その他 282名
合計 737名

2018年の小児内科の診療実績(入院患者のみ)

急性細気管支援 69
けいれん<痙攣>、他に分類されないもの 62
細菌性肺炎、他に分類されないもの 59
急性気管支炎 59
結節性多発(性)動脈炎および関連病態 56
肺炎、病原体不詳 51
感染症と推定される下痢および胃腸炎 28
てんかん 18
急性リンパ節炎 17
喘息 16
その他 285
合計 720

2017年の小児内科の診療実績(入院患者のみ)

妊娠期間短縮および低出産体重に関連する障害、他に分類されないもの 173名
けいれん<痙攣>、他に分類されないもの 59名
急性気管支炎 57名
結節性多発(性)動脈炎および関連病態 39名
細菌性肺炎、他に分類されないもの 36名
急性気管支炎 35名
その他および詳細不明の原因による新生児黄疸 33名
てんかん 25名
感染症と推定される下痢およ胃腸炎 20名
肺炎、病原体不詳 20名
その他 380名
合計 877名