診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

産科

産科を初診で受診される皆様へ

当院はMFICU(母体胎児集中治療室)6床を有する総合周産期母子医療センターとして、2006年に認定を受けています。切迫早産、多胎、前置胎盤、妊娠高血圧症候群、産褥出血などの産科疾患、糖尿病や子宮筋腫などの母体合併症妊娠、胎児疾患などのハイリスク妊娠、分娩を中心に日々診療にあたっています。
また年間100件以上の緊急母体搬送も受け入れています。2018年1月に新病院移転後は、帝王切開専用手術室が、LDR(分娩室)の真横に設置され、よりスピーディに超緊急帝王切開を行うことが可能となりました。また当院は2008年に赤ちゃんにやさしい病院(BFH)に認定されており、母乳育児にも積極的にとりくんでいます。

診療方針

胎児超音波診断の精度をより高めることにより、胎児異常を早期に発見し、出生後の治療が円滑に進むように努力しています。当院では母児同室、母乳育児を推進しています。