診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

医療技術部 放射線室

放射線室の紹介

GIFアニメ

放射線室って何するところ?

 皆様には「レントゲン」でおなじみのX線(エックス線)や、ラジオアイソト-プ(放射能のある薬)、超大型の磁石を利用して、骨や肝臓、脳その他の身体の内部を写し出して色いろの病気を検査します。また、強力なX線を病気の部分に当てて治療もします。

組織構成
医療技術部長坪田 誠
副部長小林 健
放射線室における検査の流れ

検査の流れ

どんな装置があるの?

身体の内部を平面的に写し出し、コンピュ-タ処理をしてさらに見やすくするCR装置、脳や心臓等の血管を写し出す血管撮影装置、身体の内部を輪切りや3D像にして写し出すCTやMR装置、体内のラジオアイソト-プの集まり具合を写し出すSPECT-CT装置・PET-CT装置、身体内部をテレビ画面に映し出すX線テレビ透視装置、X線を当てて放射線治療をするライナック装置等、約30台の装置があります。これらほとんどの装置がコンピュ-タを駆使しており、提供する画像はすべてデジタル画像です。

どんな人が働いているの?

これらの装置を運転して検査や治療をしたり、放射線を管理するのは、「診療放射線技師」です。受付や予約事務等を担当するのはMS(診療事務員)です。このように、部内では約45人の 職員が働いています。