ページトップ

看護師からのメッセージ

新人看護師

新人看護師 橋田

 自分が看護師となった理由は幼い頃の入院経験がきっかけでした。看護大学に進み、当院の臨地実習でNICU・GCUで熱心に働く先輩看護師の姿や小さいながらも一生懸命生きる赤ちゃんを見て自分も一緒に働きたい、赤ちゃんの力になりたいと思いこの病棟を希望し、念願叶ってGCU配属となりました。
 小さな赤ちゃんの看護というものは難しく、勉強しなければいけないことが沢山ありますが、先輩方が優しく丁寧に指導してくださるので毎日頑張ることが出来ています。また、赤ちゃん達の頑張る姿を見て元気をもらっています。忙しい日々ですが、県外まで自分の好きな歌手のコンサートへ出かけるなどリフレッシュすることも出来ています。患児とそのご家族が安心して療養することを支援できる看護師になれるよう日々努力したいと思います。

新人看護師 中村

 私が看護師になった経緯は看護師として働いていた母に憧れて看護師になりました。
 今はERという救急病棟で働いています。救急病棟は軽症から重症、小児から高齢者など様々な患者さんが運ばれてきます。先輩看護師の厳しくとも優しい指導のもとで日々頑張っています。これからの目標は知識や技術がまだまだ未熟ですが、丁寧で患者さんが安心出来る看護を目指していきたいです。さらに、4年後に石川県立中央病院は新病院として新しく生まれ変わります。ドクターヘリなどさらに高度な専門医療を提供することが出来ます。今はまだまだ未熟ですが、4年後、新病院に生まれ変わったとき自分も1人前の看護師として働けるようになっていたいと思います。

新人看護師 梨子村

 私は結婚、出産後に子育てをしながら看護師資格を取得しました。入学前は看護助手の仕事をしていましたが、自分のできることに限界があると感じ、看護師になろうと決意しました。今年度から働きはじめ、勤務体系に慣れること、技術を身に着けること、疾患の勉強など毎日忙しく過ごしていますが、プリセプター、病棟の先輩方も一つずつ丁寧に指導してくださり、安心して働くことができています。患者さんとの時間を大切にし、身に着けた技術、知識をレベルアップできるよう頑張りたいと思います。そして、家族や友達多くの方に支えられていることを感謝していきたいです。

看護師からのメッセージトップへ戻る