当院の紹介

当院の紹介

病院概要

沿革

・昭和23年11月 県立病院として発足。
・昭和28年 6月 移転整備。
・昭和51年 6月 医療技術の進歩と需要の変化に対応して現在地へ移転。
・平成30年 1月 病院の老朽化に伴い、本県の基幹病院としての役割を念頭に、高度な医療体制や快適な療養環境、災害に強い病院として、現在地で新病院の整備・開院
昭和23年11月 特殊法人日本医療団より県に移管、県立病院として金沢市彦三5番丁に おいて診療開始
昭和28年 6月 金沢市西御影町に移転。診療科内科、外科、小児科、病床数50床
昭和29年 4月 耳鼻いんこう科増設
昭和30年 1月 眼科増設
昭和30年 2月 産婦人科増設
昭和30年 4月 病棟増築、病床数250床
昭和34年 7月 皮膚泌尿器科増設
昭和37年 7月 放射線科増設
昭和39年 6月 病棟増築、病床数350床(一般256、結核94)
昭和41年 4月 麻酔科増設
昭和42年 5月 整形外科増設
昭和46年 4月 皮膚泌尿器科を皮膚科、泌尿器科に分離。歯科増設
昭和48年10月 県立中央病院建設懇談会(昭和48年6月設置)において 移転改築基本構想及び建設工事計画了承
昭和49年 5月 移転改築工事起工(起工式昭和49年5月17日)
昭和51年 3月 看護婦宿舎完成
昭和51年 4月 病院棟完成(竣工式昭和51年6月4日)
病院開設許可、病床数400床(一般380、結核20)
神経内科、呼吸器科、循環器科、消化器科、形成外科、 脳神経外科増設
(既設とあわせて18科目)
昭和51年 6月 移転、外来診療開始
昭和51年10月 へき地中核病院指定
昭和52年 1月 臨床研修病院指定
昭和52年10月 病床数のうち結核20床を一般に変更
昭和52年11月 看護婦宿舎増築及び院内保育所完成
昭和54年 4月 呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科増設(既設とあわせて21科目)
昭和55年 8月 脳血管・救命救急センター完成(竣工式昭和55年9月8日)
開設許可、病床数60床(既設とあわせて一般病床460床)
(使用開始9月10日)
昭和55年 9月 院内保育所移転(開所10月20日)
昭和56年 5月 特殊診療棟一部完成(6月20日)
開設許可、病床数25床(既設とあわせて一般病床485床)
(使用開始6月23日、6月25日)
昭和56年11月 特殊診療棟一部完成(11月7日)
昭和57年 5月 開設許可、病床数52床(既設とあわせて一般病床537床)
(使用開始5月1日)
昭和57年 6月 開設許可、病床数41床(既設とあわせて一般病床578床)
(使用開始6月1日)
昭和57年10月 病院施設整備工事着工(10月26日)
特殊診療棟完成(10月30日)
昭和58年 5月 開設許可、病床数82床(既設とあわせて一般病床660床)
(使用開始5月10日)
昭和58年 7月 放射線治療棟完成(7月25日)
医療用リニアック使用開始(10月17日)
昭和59年10月 疼痛診療センター開設
昭和60年 3月 病院施設整備工事(手術室、医局)完成
平成 元年 5月 病院施設整備工事(MRI棟、放射線外来)完成
平成 5年 1月 全病棟基準看護特3類に承認される。
平成 6年10月 新看護体制(2対1看護)へ移行
平成 8年 7月 開設許可、病床数2床(既設とあわせて一般病床662床)
(使用開始10月1日)
平成 8年12月 歯科口腔外科増設(既設とあわせて22科目)
平成 9年 2月 基幹災害医療センター指定
平成 9年 4月 エイズ治療の地方ブロック拠点病院指定
平成 9年 9月 完全土曜閉院試行(平成10年4月実施)
平成10年12月 臓器提供施設となる
平成11年 7月 災害備蓄倉庫完成
平成12年 9月 理念・基本方針を制定
平成14年10月 土地区画整理により住所表示変更(金沢市鞍月東2丁目1番地)
平成16年 4月 地域医療連携室設置
平成16年 8月 日本医療機能評価機構認定病院となる
平成17年10月 いしかわ総合母子医療センター開設
平成18年 4月 医療安全推進室設置
平成18年10月 オーダリングシステム稼動
平成19年 1月 地域がん診療連携拠点病院指定
平成19年 3月 電子カルテ稼動
平成19年 7月 病院施設設備工事(PET棟)完成
平成22年 3月 開放型病床設置
平成22年 4月 新看護体制(7対1看護)へ移行
平成24年 4月 地域医療支援病院として承認される
平成27年 3月 病院建設工事着工(3月22日)
平成28年 4月 DPC病院Ⅱ群(大学病院に準ずる病院)指定
平成29年 9月 新病院建物竣工(完成記念式典 平成29年11月23日)
病床数630床
平成30年 1月 移転、外来診療開始