診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

新生児科

新生児科

新生児科は小児内科、小児外科および産婦人科と共に"総合母子医療センター"を構成し、新生児集中治療室(NICU)を中心とした未熟児・新生児医療と、フォローアップ外来(早産児・慢性疾患)が主な診療内容です。当院は石川県の周産期(新生児)医療の中核(総合周産期母子医療センター)として、新生児の健やかな成育のため"安心して生み育てることができる場の提供"を目指してきました。 ディベロップメンタルケアや母乳育児を推進し、赤ちゃんにやさしい医療・ケアの提供に心がけています。"赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital:BFH)"に認定される推進役となってきました。

当院は県内唯一の総合周産期母子医療センターであり、日本周産期・新生児医学会の定める周産期専門医(新生児)基幹病院の認定を受けています。また金沢大学小児科と連携し、後期研修医の小児科専門医習得のための研修も支援しています。24時間365日新生児専任医師を配置しており、多職種と協力し合いながら高度な新生児医療を行っています。

院内出生児だけでなく、新生児搬送用救急車「バンビカー」を配備し、他院で出生した新生児の分娩立ち合いおよび搬送も行っています。