診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

循環器内科

診療内容

○ 循環器内科の基本理念と診療内容

  1. 最新で高度かつ専門的な循環器医療を、より安全に提供します。
  2. 患者様中心の医療を常に考えていきます。
  3. 石川全県下の急性期循環器疾患に対応し、最終医療機関としての責務を果たすために、24時間体制で当院救急救命センターと連携し、心血管センターの中心的役割を果たし集約的治療を行います。
  4. 石川県の医療を担う若手医師(研修医)ならびにスタッフの教育、育成に力を注ぎます。
  5. 地域医療の充実と発展を支援し支えるために、病診連携、病病連携をより充実させていきます。

以上の基本理念に基づき、日々の診療を行っています。

  診療対象疾患は、心臓疾患全般(虚血性心疾患、心不全、不整脈など)に止まらず、近年増加傾向にあるメタボリック症候群(Metabolic Syndrome :MS)の管理、治療(高血圧、高脂血症)やMSに合併する全身の動脈硬化性疾患(閉塞性動脈硬化症、腎血管性高血圧症など)のカテーテル治療も行っています。

 問診、診察、心電図(安静、負荷)、レントゲン検査、ホルター心電図、心臓超音波検査などの一般的な非侵襲的診断検査に加えて、必要に応じて最新の画像診断を行い、より正確な診断ならびに治療方針決定を行ないます(図1~4)。

(図1)マルチスライスCTによる冠動脈の評価
(本図は冠動脈バイパス内に認められた透亮像を評価した例)
(図1)マルチスライスCTによる冠動脈の評価の画像(図1)マルチスライスCTによる冠動脈の評価の写真

(図2)PET-CT
PET-CT画像

(図3)核医学検査(本図は201-TL心筋血流シンチ)
201-TL心筋血流シンチ画像

(図4)3D-CTによる動脈硬化の評価
 (本図は治療前後における腎動脈狭窄の評価)
治療前後における腎動脈狭窄の評価の3D-CT画像

医療設備

  • 心血管シネアンジオ装置 2基
  • 血管内超音波装置(IVUS)
  • 光干渉断層装置(OCT)
  • 低出力衝撃波装置(先進医療)
  • CT
  • MRI
  • PET-CT
  • 心臓核医学検査装置
  • 心臓超音波断層装置
  • 血管内皮機能測定装置
  • 橈骨動脈脈波測定装置
  • 和温療法(低体温サウナ室)
  • 呼気ガス分析装置
  • トレッドミルおよびエルゴメター運動負荷装置
  • IABP、PCPSなど補助循環装置
  • ホルター心電図装置

心血管造影装置の写真

光干渉断層装置の写真

*新規導入された光干渉断層装置(OCT)

心臓先進医療(重症狭心症に対する低出力体外衝撃波治療)
が厚労省から承認されました(平成24年6月1日)

心臓病に関する患者様向けネットサービス(マイハート・ネット)を開設しました